書籍案内

Amazonからもご注文
いただけます

私が知っている脳の非凡なる現象
最先端の医学者が到達した、脳科学の最前線

先端生体情報研究機構 所長

西崎 知之 [著]


四六並製/224ページ/本体価格1,300円
ISBN 978-4-88320-695-7


「昨今の『右脳崇拝』は誤りに思えます。 どうせ鍛えるのなら、より大切な『左脳』を鍛えるべきです」(著者)

現在、脳科学に関するテレビ報道、新聞、雑誌、著書が氾濫しています。
「認知症には散歩がいい」「カラオケが効く」「ジョギングが脳を活性化させる」「オリーブオイルやココナッツオイルの効果もすごい」といった類です。
しかし、これらには本当に「医学的な根拠」があるのでしょうか?

本書は、脳の神経細胞が織り成す「ミクロな現象」に焦点を当てながら、脳科学の「ウソとホント」を、最新の医学研究に基づいて判定していきます。
そして、一般の方々が「本当に効く脳トレ」や「脳の病気の予防法や治療法」を選ぶための指針となることを目指しました。

利権がからんだ情報にダマされず、 脳の才能を100%発揮するための、 脳を生涯健康に保つための必読書です。

最新の認知症対策・治療法・いざというとき役立つ「脳の病気百科」も収録!

著者紹介

西崎 知之 にしざき・ともゆき
1954年兵庫県生まれ。現在、先端生体情報研究機構所長。医学博士。 神戸大学医学部を卒業し、神戸大、米国カリフォルニア大学アーバイン校と、一貫して生体内情報伝達機構(細胞生物学・神経科学)を専門に研究している。 また、認知症医として臨床の場にも立ち、新薬の開発に尽力している。 本書は、30年にわたる研究の集大成として、知られざる「脳の現象」の真相にせまった。 評判の著書『認知症はもう怖くない』(三五館)は現在までロングセラーとなっている。


好評既刊

西崎 知之『認知症はもう怖くない』

本体 1,300円


西崎 知之 『私は「認知症」を死語にしたい』

本体 1,300円