書籍案内

Amazonからもご注文
いただけます

木造都市の夜明け
コンクリートから木へ、ウッドファーストの時代。

伊藤 好則 [著]


A5並製/208ページ/本体価格2,000円
ISBN 978-4-88320-689-6


日本の林業の未来を変えた木材低温乾燥装置「愛工房」。
日本の大規模木造建築に革命をもたらした「KES構法」。
この2つが組み合わさり、地震に負けない、
安全な空気で満ちる、呼吸住宅″が出現した!
新築住宅を考えている人や、今のありように工夫したい工務店の人には必読の本です!

* * *

世界初の木材低温乾燥装置「愛工房」。
この発明者である著者が次に手掛けたのは、
不可能と言われた木造4階建てビルの建設。
東京・板橋区の防火指定地域にありながら行政の厳しい審査をクリアした
当ビルの建築工程や全容をカラーグラビアで徹底紹介する。

* * *

2016年4月発生の熊本大地震。
震源地にありながら、2回の震度7にもびくともしなかった保育園がある。
その理由は木造建築かつKES構法だったから。


住宅建材の真実や自然災害の根源をたどると見えてきた、
森林王国・日本が木造建築に還るべき理由。

著者紹介

伊藤 好則 いとう・よしのり
1941年生まれ。木材乾燥装置「愛工房」の発明者。健康と環境を考える、アイ・ケイ・ケイ株式会社代表取締役。人・物との「出会い」に学び、「気づき」を探れば、人生は必ず良い出来事に満ちるというのが信条。
頑固一徹な原理主義者と見せながら、情と誠で生きてきた。前書『樹と人に無駄な年輪はなかった』(三五館)にて「88歳まで『はたらく』」と宣言したが、木造4階建てビル建築を機に、93歳まで「はたらく」と活動年齢の上限を更新した。



好評既刊

伊藤好則 『樹と人に無駄な年輪はなかった』

本体 1,500円