書籍案内

Amazonからもご注文
いただけます

腸内細菌が家出する日
健康も人生も思いどおりにいかないのはナゼ?


東京医科歯科大学名誉教授
藤田 紘一郎 [著]

四六並製/192ページ/本体価格1,200円
ISBN 978-4-88320-672-8


今、あなたの体内から「腸内細菌」が家出している!
自然界との共生を忘れた人間たちに襲い掛かる自然からのシッペ返し。
腸内細菌、サンゴ、ミツバチ…3つの家出から、傲慢になった人類に起こっている逆転現象を読み解く。

・人類は健康を求めて努力しているのに、うつ病やアレルギーなどの病気が急増しているのはなぜか?
・“家出”を思いとどまってもらうため、私たちはどうしたらよいのか?etc.

健康と人生を、意外な視点から見つめなおす、キセイチュウ博士渾身の書き下ろし。
家出を防げれば、健康も人生も思いどおりにいく!


――腸内細菌は、もう一人の私だった!――
私たちの体は37兆個の細胞でできているとされていますが、私たちの腸の中には体細胞の27倍近い数の細菌が棲みついています。
遺伝子数だけでなく細胞数からみても、腸内細菌は「もう一人の私」なのです。
そして、それらの細菌の多くはヒトの腸でしか棲むことができないため、私たちが病気にならないよう、長く生きられるようにいろいろ工夫しています。
→そんな腸内細菌が家出してしまったら…


著者紹介

藤田 紘一郎 ふじた・こういちろう
1939年、旧満州ハルビン生まれ。東京医科歯科大学名誉教授。専門は寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。
免疫や伝染病研究の第一人者でありながら、エッセイストとしても著書多数。脳と腸の関係を解き明かして話題となった『脳はバカ、腸はかしこい』、遺伝子にまつわる常識を覆す『遺伝子も腸の言いなり』などがある。
本書では、サンゴ、ミツバチ、腸内細菌の“家出”を、自然からヒトへのシッペ返しと捉え、傲慢になった人類に警鐘を鳴らしている。


好評既刊

藤田紘一郎 「遺伝子も腸の言いなり」

本体 1,200円

藤田紘一郎 「乳酸菌生活は医者いらず」

本体 1,200円

藤田紘一郎 「脳はバカ、腸はかしこい」

本体 1,200円