書籍案内

Amazonからもご注文
いただけます

魂も死ぬ
霊魂についての一考察


Tokyo DD Clinic 院長・内科医
内海 聡 [著]

四六判並製/224ページ/本体価格1,400円
ISBN 978-4-88320-653-7


いかにして魂は移りゆくか?
量子力学、素粒子、臨死体験、生まれ変わり、アカシックレコード、ソマチッド、バイオフォトン、フラクタル理論etc.
あらゆる情報を眺め、考察する。
注目の医師が提起する、逆説の霊魂論

「最初に結論を書いておけば、私は霊魂懐疑派であり、以前は霊魂全否定派であった。その後、量子医学や医学不要論や世界の陰謀論的構図を知るに従い、 たんに全否定していても始まらないとは考えるようになった。さらに通常の科学や常識では起こり得ないような体験を多数見聞きし、 既存の理論がいかにおかしく幼稚かということを知ることもあった。
その私が霊魂についての考察を書くということは、これ以上ない矛盾であると同時に懐疑派だからこそ書けるさまざまな視点があると考えている」 (「はじめに」より)


はじめに
第1章 霊魂をどう定義するか?
第2章 精神とは何か?
第3章 唯物論vs.観念論
第4章 賢人たちの考えた霊魂
第5章 霊体と肉体の二重構造論――スウェーデンボルグの理論
第6章 科学者による臨死体験の研究
第7章「生まれ変わり」の真相
第8章「性格変化」「多重人格」は何を示すか
第9章 分け御霊についての考察
第10章「偽の記憶(フォルスメモリー)」理論
第11章 謎解きのヒント「アカシックレコード」
第12章 ソマチッドの正体
第13章 バイオフォトンとは何か?
第14章 量子力学とは何か?
第15章 多次元構造とリサ・ランドールの理論
第16章 素数、素粒子、電子、そして霊魂
第17章「形成の書」と生命の樹
第18章 この世界はフラクタル
第19章 死とは何か?
第20章 結局「霊魂」とはなんなのか?
おわりに

著者紹介

内海聡(うつみ・さとる)
◎1974年、兵庫県生まれ。筑波大学医学部卒業。内科医として東京女子医科大学附属東洋医学研究所、東京警察病院などに勤務した後、 Tokyo DD Clinicを設立。精神医学の本質を暴いた『精神科は今日も、やりたい放題』がベストセラーに。その後、医学の正体や、 社会の構造などをテーマに精力的に執筆活動を行なう。本書では、既存の肯定論とも否定論とも違う独自の視点で霊魂を捉え直す。

好評既刊

歴史の真相と、大麻の正体
内海 聡 [著]

本体 1,300円

血液の闇
内海 聡 ・ 船瀬 俊介 [共著]

本体 1,400円

医者とおかんの「社会毒」研究
内海 聡 [著] ・ めんどぅーさ [マンガ]

本体 1,300円

医学不要論
内海 聡 [著]

本体 1,300円