書籍案内

Amazonからもご注文
いただけます

やってみました!1日1食
長寿遺伝子が微笑むファスティング


船瀬 俊介 [著]

四六判並製/224ページ/本体価格1,300円
ISBN 978-4-88320-618-6



みんな始めて、体感しています!

「ファスティング」(断食・少食)がどれだけ病に効果を発揮するのかを解説し、話題を呼んだ前作『3日食べなきゃ、7割治る!』の大反響を受け、 「1日1食」を始めた年代も性別もさまざまな人たちの証言を盛り込んだ実践篇。
ビートたけしさんやタモリさんなどの有名人たちの多くも実行している、従来の健康観を打ち壊す“新常識”を、その効能とともに提案します。

【もくじ】
プロローグ――あの人も、この人もどんどん始めてる!
第1章 やってみました! 一日一食
第2章 やってビックリ、からだも軽い
第3章 食べない人は、なぜ若々しい?
第4章 長寿者たちの食卓に学ぼう
第5章 白鵬は「少食」の力を知っていた
第6章 一日一食に、食べたら良いもの悪いもの
おわりに――合い言葉は「ムリせず、気楽に、ファスティング」


著者紹介

船瀬俊介(ふなせ・しゅんすけ)
◎1950年、福岡県生まれ。食品・医療・環境問題に取り組むジャーナリスト。日本消費者連盟の活動に参加、「消費者リポート」の編集などを経て、 独立。自分でも何度も実践し、その効果を体感している「断食・少食」による自己治癒力の引き出し方を説いた『3日食べなきゃ、7割治る!』 がベストセラーに。本書では、全国から寄せられた実践者の驚きの声を交えながら、「1日1食」という新常識を提案する。


好評既刊

船瀬俊介 「3日食べなきゃ、7割治る!」

本体 1,300円

船瀬俊介 「病院で殺される」

本体 1,400円