書籍案内

Amazonからもご注文
いただけます

「むち打ち症」の新事実
脳脊髄液減少症[最新版]ガイドライン

脳脊髄液減少症患者・家族支援協会
代表理事 中井 宏/副理事長 松本 英信[著]

四六判並製/208ページ/本体価格1,500円
ISBN 978-4-88320-541-7

2011年5月31日「脳脊髄液減少症」の最新ガイドライン出る!

「むち打ち症」と「脳脊髄液減少症」の治療と解釈は、この日を境にガラリと変わった。
本書は、ガイドライン案に対応した、最新にして唯一の本!

「むち打ち症」に悩まされている人はもちろん、 医療・法律関係者から、保険業界の人びとも必携・必読!
@著者も脳脊髄液減少症で苦しんできた体験者であるため、表現がリアル。患者さんの立場に寄り添って書かれています。
A初めてNPO法人を設立し、国会や医学界に救済を働きかけてきた実践家であり、医師とも連携しているので信頼感がバツグン。
B脳脊髄液減少症に詳しい、トップランナーの医師と弁護士のアドバイスも満載。心強くて、すぐに使える本となっています。


著者紹介

中井 宏(なかい・ひろし)
NPO法人「脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」代表理事。  1964年、和歌山県生まれ。1989年より原因不明の病を発症。2000年、脳脊髄液減少症と診断を受け、その後、医師と連携した日本初のNPOづくりに奔走。  2002年、NPO法人「鞭打ち症患者支援協会」(現脳脊髄液減少症患者・家族支援協会)を設立。今回のガイドライン案をはじめ、その活動は実を結びつつある。
   

松本英信(まつもと・ひでのぶ)
NPO法人「脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」副理事長。  1968年生まれ。4歳で発症し、以来、原因不明の症状に30年来悩まされる。2003年に脳脊髄液減少症との診断を受けた。  これまで5000件以上の相談を担当。その真摯で温かな人柄にファンも多い。